離島住民ら「喜びと誇り」 〝節目の年〟にヒロイン抜てき

 石垣市出身の父、竹富町小浜島出身の祖父母を持つ黒島結菜さんが、来年のNHK朝ドラのヒロインに抜てきされた。黒島さんの祖父母と親戚でもある小浜公民館長の花城正美さん(71)は「離島住民として、大きな喜びと誇りを感じる」と語った。
 黒島さんが小浜島を訪れた際に会ったことがあり「謙虚で、非常にしっかりした人」という印象を受けたという。「小浜島は(2001年の朝ドラ)『ちゅらさん』で注目を浴び、ブームは今も続いている」と朝ドラの効果を強調。小浜島関係者の活躍に期待を寄せる。
 黒島さんの祖父母と家族ぐるみの付き合いがある石垣市元副市長の黒島健さん(73)は「大きなニュース」と興奮。「来年は沖縄復帰50年、石垣市の市制施行75年の節目でもあり、市関係者がヒロインに選ばれたことは感慨深い。結菜さんの活躍は、石垣市の子どもたちにも大きな励みになる」とエールを送った。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では16日、…
  2. 尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海を警備する石垣海上保安部(増田克樹保安部長)への感謝訪問として…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日、…
ページ上部へ戻る