那覇市議会に感謝状贈呈 ウイグル弾圧への抗議決議で

感謝状を贈呈したトゥール氏(写真中央右)と受けた久高議長(同左)=23日、那覇市議会(提供・大山孝夫市議)

 日本ウイグル連盟のトゥール・ムハメット会長は23日、中国への抗議を求める意見書を可決した那覇市議会を訪れ、久高友弘議長に感謝状を贈呈した。
 那覇市議会は3月22日、中国によるウイグル人への人権侵害について国に調査と抗議を求める意見書を全会一致で可決した。
 中国政府による新疆ウイグル自治区での大規模な恣意的勾留、人権弾圧について、国際社会は深く憂慮していると指摘。日本政府は中国政府に抗議するよう求めた。
 トゥール氏によると中国によるウイグル人への人権問題で意見書を出したのは、全国で那覇市議会が初めて。
 贈呈式でトゥール氏は「那覇市議会は我々にとってありがたい意見書を全会一致で可決した。心より感謝する」とあいさつ。続けて、中国に戻った自身の娘と連絡が取れていないと明かし「私と同じ在日ウイグル人や、世界中に亡命しているウイグル人は皆、親族と連絡が取れない」と訴えた。
 久高議長は「中国のウイグルに対するジェノサイド(大領虐殺)は絶対に許すことはできない」と非難。「中国からの弾圧に対し、那覇市議会は団結して皆さまと共に戦っていきたい」とトゥール氏を励ました。 

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る