GW開始、感染対策徹底を 空港でマスク着用アピール 石垣市

中山市長らが到着ロビーでチラシを配布し感染症予防対策を呼び掛けた=29日、南ぬ島石垣空港

ゴールデンウィーク(GW)初日の29日、石垣市と市観光交流協会は南ぬ島石垣空港で来島者に新型コロナウイルス感染防止対策を呼び掛ける周知活動を行い、マスク着用、手指消毒の徹底、ホテルのチェックアウト後の健康確認チェックなどの協力を呼び掛けた。大都市圏や沖縄本島では感染拡大が深刻化。石垣市では現時点で落ち着いた状況だが、人の移動が活発化するGWに向け、関係機関は改めて引き締めを図っている。
この日は午前中に東京、大阪からの直行便が到着。大勢の来島者が空港に降り立った。市職員らがのぼり旗を持ち、チラシの配布などで感染対策への理解を求めた。
中山義隆市長は「石垣島では皆さんの協力のおかげで感染者数を抑えている。GWで来られる皆さんにも感染対策をきちんととっていただいた上で、八重山の旅を楽しんでもらいたい」とアピールした。
市民に向けては「島外から来た人との大人数の会食は控え、出張などから帰島した人も、一週間は飲み会や模合を自粛してもらいたい。外でBBQやレジャーなどをする場合でも、マスク着用などを徹底してほしい。きちんと感染対策をしてGWを乗り切っていきたい」と述べた。
千葉県から家族4人で訪れた50代女性は「旅行に行っていいか気になるので、宿にも本当に行ってもいいか何度か確認した。アルコールも持ち歩いているので、感染対策をしながら旅行を楽しみたい」と話した。
10歳の男の子は「西表島に行って亀やトカゲに会いたい。ご当地アイスを食べたい」と笑顔を見せた。
那覇市から娘夫婦のため里帰りで来島した男性(72)は「2日間の日程で実家に帰省する。十六日祭では帰って来れなかったので、お墓参りをして家でゆっくり過ごしたい」と期待した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る