市役所跡地に駐車場を 市中央商店街振興組合が要請

石垣市中央商店街振興組合が石垣市に要請した=25日、石垣市役所

 石垣市中央商店街振興組合(仲本勉理事長)は25日、石垣市役所を訪れ、市役所の跡地利用計画に有料の立体駐車場設置を求める3項目の要請を行った。
 要請書では観光客の増加を背景とし、商店街に活気がある一方、駐車場不足を課題に上げ、「商店街で働くスタッフの月極駐車場を確保することが非常に困難」と説明。▽市役所跡地に立体駐車場の設置▽商店街組員に対する優先的な月極駐車場スペース確保▽商店街利用者に対する割引駐車券の発行等割引サービス―を求めた。

 石垣市は跡地利用計画について現庁舎等跡地利用基本方針策定委員会で検討中。これまでに▽市民利用特化型▽来訪者利用特化型▽市民+来訪者複合利用型▽市民+来訪者複合利用型―の4パターンを示している。
 市の棚原長武企画政策課長は、「跡地利用は20人の委員で検討中。その中で駐車場の確保は重要な課題。1台でも多く停められるようにしたい」と述べた。また、りゅうせき跡地を駐車場として整備する計画も示した。中山市長は「どういう対応ができるか考えたい」と話した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る