県内83人感染、再拡大懸念 知事、改めて来県自粛要請 新型コロナ

会見した玉城知事=14日午後、県庁

県は14日、県内で新たに83人が新型コロナウイルスに感染し、5人が死亡した、と発表した。新規感染者数は先週の同じ曜日の58人を大きく上回った。県内では感染力が強いとされるデルタ株感染者が増加傾向にある。玉城デニー知事は県庁で急きょ記者会見し「県内の感染者は減少傾向だったが、リバウンド(感染再拡大)が懸念される」と指摘。県民に感染防止対策の徹底と県外からの来県自粛を求めた。
玉城知事は15日に上京し、河野太郎ワクチン担当相と面会。計画通りのワクチン確保を求める。
緊急事態宣言措置の解除に向けて、県は医療提供体制の改善に取り組むが、玉城知事は「感染が急拡大すれば緊急事態宣言措置の解除は困難になる」と強調。「特に感染拡大地域からの渡航は自粛を強くお願いする」と求めた。
一方、観光業界が検査やワクチン接種を済ませた旅行者を歓迎する動きについては「取り組みはうれしいし、助かる」と明言した。専門家会議でもワクチン接種が完了した人の来県を認める意見が上がっているとした。
報道陣からは、県内で大きなリバウンドが起きる可能性がある中、現時点で観光客受け入れをアピールするのは適切かとの質問があった。玉城知事は「今は感染拡大を抑え込むため、県民を挙げて取り組む時期だ」と述べた。
死亡者は本島在住の80代~90代男女で、死亡者合計は211人になった。
県内の直近1週間の人口10万人当たり新規感染者数は22・96人で、東京(39・61人)、神奈川(24・02人)に次いで全国3位。米軍では11人の感染が確認された。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る