「集団免疫」記念でイベント 接種率70%超で9月に 飲食出店、花火など検討 石垣市

集団免疫獲得の記念イベント開催を発表する中山市長=16日午後、市役所

石垣市の中山義隆市長は16日、市役所で記者会見し、新型コロナウイルスワクチン接種率が集団免疫獲得の目安とされる70%を超えた場合、9月上旬をめどに5000人規模の記念イベントを開催する、と発表した。島産食材を活用した飲食の出店、音楽イベント、花火打ち上げなどを計画しており「経済活動再開の端緒としたい」と期待した。
市によると、現在進んでいる一般集団接種は、35歳~64歳以上の予約率が6割を超えている。中山市長は、接種対象者の7割が2回の接種を終えた場合「観光客の受け入れ、飲食店の営業など、市民生活や経済活動を再始動する準備が整う」と強調した。
一般集団接種は8月19日に完了。接種から2週間程度で抗体ができるとされるため、集団免疫獲得の記念イベントは9月第1週の開催を軸に調整する。
会場は南ぬ浜町を検討。入場者にはワクチン接種完了の証明書提示か、入口付近で実施する抗原検査の陰性証明書提示を求める。中山市長は「感染リスクは非常に低くなる」と述べた。
イベント開催に関しては市の医療アドバイザー、八重山地区医師会長、県立八重山病院の了解も得ているという。
イベントでは農水産物などの地元産品を販売し、酒類も提供する。市民向けイベントだが、観光客にも周知し、安全安心な観光地をアピールする。子どもの入場も保護者同伴で認める。詳しいプログラムは今後決める。
一方、大都市圏を中心に、感染力が非常に強いとされるデルタ株が拡大しており、市は改めて市民に早期のワクチン接種を促す。ワクチンは人口の75%程度接種できる量を確保しているという。
沖縄の緊急事態宣言は継続中だが、営業時間短縮や休業要請に応じない店舗も出始めている。中山市長は「クラスタ―(感染者集団)が発生して感染が拡大すると、イベント自体ができなくなる可能性がある」と述べ、宣言期間中、こうした店舗を利用しないよう求めた。
22日からの4連休には人の移動活発化が予想されるとして、市民には島外から来た人との会食は避けること、島外に出た場合は、帰島後、最低1週間は会食を避けることを要請した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る