【視点】「第5波」の様相 連休に備えを

 沖縄の新型コロナウイルス感染拡大が「第5波」突入の様相を呈している。22日からは4連休が始まり、観光客の来県や県民の動きが活発化すると予想されており、対応を誤ると事態がさらに深刻化しかねない。
 県内の感染者数は19日まで7日連続で前週の同じ曜日を上回っている。70人台や80人台という「第4波」当時に匹敵する高水準の日も見られるようになった。感染者数が増加傾向にあるのは間違いなく、感染力が極めて高い「デルタ型」感染者が急増している影響があるようだ。
 沖縄は東京以外では唯一、緊急事態宣言下にあり、観光関連業を中心に経済は危機的状況にある。そのため玉城デニー知事は前倒しの宣言解除を目指す方針を示しているが、現状では厳しいと言わざるを得ない。
 「第4波」以前の状況とは異なり、現在はワクチン接種が始まっていることが救いだが、沖縄の接種率は全国に比べ遅れている。特に若い世代で接種に無関心な人が多い傾向がある。
 「第4波」はゴールデンウィークをきっかけに起きた。特に離島の石垣市は、県内11市で唯一「まん延防止等重点措置」から外れていたこともあって観光客や住民の気の緩みが大きく、感染爆発のような事態に至った。

固定ページ:

1

2

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る