八重山を暴風域に巻き込む きょう最接近、長時間影響 台風6号

 大型で強い台風6号は22日、発達しながら沖縄の南を西寄りに進んだ。24日にかけて非常に強い勢力で先島諸島にかなり接近する見込み。石垣島地方気象台によると、石垣島地方は22日夕、暴風域に入った。与那国島地方は23日昼前から暴風となる見込み。与那国町所野では同日午前8時53分、最大瞬間風速26・7㍍を観測した。

 動きが遅く、暴風や大雨、高波の時間が長くなる。最接近は石垣島地方が23日夕方から夜のはじめごろ、与那国島地方が同日夜のはじめごろから夜遅く。
 台風最接近時は猛烈な風で一部の住宅は倒壊する恐れがある。気象庁は土砂災害、浸水、河川の増水などに厳重に警戒するよう呼び掛けた。
 予想される最大風速(最大瞬間風速)は23日が石垣島地方45㍍(65㍍)、与那国島地方30㍍(40㍍)、24日が石垣島地方30~40㍍(40から60㍍)、与那国島地方30~40㍍(40~60㍍)。
 午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で23日が石垣島地方250㍉、与那国島地方130㍉、24日が石垣島地方300㍉、与那国島地方150㍉。
 台風は22日午後6時現在、宮古島の南南東約150キロの海上でほとんど停滞した。中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40㍍、最大瞬間風速は60㍍で、中心から半径130㌔以内が風速25㍍以上の暴風域、中心から半径500㌔以内が風速15㍍以上の強風域。
 台風6号は22日午前3時の観測で「強い台風」から「大型で強い台風」になった。台風7号は午前9時、中国・華南で熱帯低気圧に変わった。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る