尖閣に向け漁民ら出港 海保の臨検に詰め寄る 登野城漁港

海保職員に詰め寄る水島さん(左)=29日、登野城漁港

登野城漁港から29日、尖閣諸島に向けて「理恵丸」ら漁船5隻が出港した。その際、臨検を行った石垣海上保安部の職員と、漁船団の水島総さん(72)=日本文化チャンネル桜社長=らが口論する場面があった。
海保職員は漁をする際、水島さんらに船から海に飛び込むなど危険な行為を行わないよう注意。
これに対して水島さんらは「手続きを済ませている。違法行為をするつもりはない」と反論した。
また水島さんらが以前漁を行っていた際、海保の巡視船に取り囲まれたと主張し、「巡視船が(漁業)の邪魔をしないよう約束しろ」と海保職員に詰め寄り、現場は騒然となった。
一方、海保は「危険行為が原因で事故が起こると船長責任になる」と漁船団に要請した。
その後、取材に応じた水島さんは「なぜ法律を守っているのに圧力をかけられなければいけないのか」と怒りをあらわにしていた。
漁船団は、尖閣諸島魚釣島付近で漁を行う予定。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る