接種証明の発行スタート 市長「全国のモデルケースに」 コロナワクチン

新型コロナウイルスワクチンの接種証明発行開始を発表する中山市長。右側がスマホ画面、隣が協力店のステッカー、左が紙の接種証明カードを拡大したもの=17日午後、市役所

 石垣市は17日、新型コロナウイルスワクチンの接種証明発行をスタートさせた。飲食店などの集客活動やイベント開催など、今後の行動制限緩和に活用する。中山義隆市長は同日の記者会見で、接種対象人口の8割近くが2回接種済みとなったことを挙げ「全国のモデルケースとして、実証実験のような形で実施したい」と意気込んだ。

 接種証明書はスマートフォンと紙のカードで発行する。スマホを使う場合、市のラインなどを通じてワクチン予約システムにアクセスし、接種券番号と生年月日を入力すると、接種したワクチンの種類や接種回数が表示される。
 紙のカードは市健康福祉センターで28日から発行申請を受け付ける。スマホ、紙のいずれの接種証明も有効期限は最終接種日から8カ月。
 市は今後、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が発令されている場合でも、証明書を所持している市民は、認定された感染予防対策店での酒類を含む飲食や、イベント参加ができるよう県に働きかける。
 市内の協力店には、感染予防対策店としての認定を取得してもらった上で、証明書発行のためのQRコードが印刷されたステッカーを配布。接種者に対する特典の付与や、感染予防のための店内区域分けなどに利用してもらう。28日から協力店の募集を開始する。
 証明書は市民向けに発行するが、観光客は証明書と同様の機能を持つ「あんしん島旅パスポート」を従来通り使用できる。
 市の2回接種率は接種対象人口の約77%に達した。2回接種者でも感染事例はあるが、現時点で重症者は出ていない。仮に接種者同士の感染が起きた場合でも重症化リスクは低く、医療機関への負荷は大きく低減すると見られる。市は「全国に先駆けて高い接種率を達成した。今後の経済再開に大きな武器」と期待する。マスク着用などの感染予防対策も引き続き継続していく。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る