石垣にマスク1万6千枚 日本のワクチン供与「恩返し」 台湾

台湾からのマスク贈呈を発表する中山市長と石垣教育長(左)=17日午後、市役所
台湾からのマスク贈呈を発表する中山市長と石垣教育長(左)=17日午後、市役所

新型コロナウイルス感染対策を支援しようと、台湾企業が日本に贈ったマスク124万枚のうち1万6千枚が石垣市に届いた。市は17日、市内と竹富町の小学校5、6年生と中学生に対し、1人5枚ずつ配布すると発表。台湾企業のマスク贈呈は、日本政府が台湾へ124万回のワクチンを供与したことの「恩返し」で、中山義隆市長は「善意が次の善意につながり、それが循環する。とても素晴らしいこと」と述べた。
 マスクを贈呈したのは桃園市の易廷(イーティン)企業有限公司。台湾駐日経済文化代表処の謝長廷(しゃ・ちょうてい)代表の提案により、今後設立される日台共栄首長連盟の加盟自治体に90万枚が分配されることになった。
 マスクが入った箱には「日台友好 日本ありがとう」と記されている。17日の記者会見で市は「ありがとう台湾」というメッセージを掲げた。
 中山市長は「マスクが台湾のことをより深く知り、感謝や善意のつながりを考えるきっかけになれば」と期待。石垣安志教育長は「台湾からの温かい支援は、現在の困難な状況で不安を感じながら学校生活を送っている児童生徒を励まし、台湾との友情をますます深める」と強調した。
 マスクは1セット5枚入りで、配布数は石垣市の小学5、6年生に各600セット、中学生に1700セット、竹富町に300セット。
 マスクは与那国町にも別途贈呈される。
 日台共栄首長連盟は、自由、民主主義などの普遍的価値観を共有する日台の関係を、従来の経済文化面での交流から一歩踏み込んで強化することを目指す首長有志の団体。全国の首長117人が設立に賛同し、八重山では石垣市と与那国町が加盟予定で、中山市長が発起人の1人に名を連ねている。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る