全町民に5万円給付へ 11月上旬から、補正予算可決 与那国町

 開会中の与那国町議会(崎元俊男議長)9月定例会は24日、新型コロナウイルスの影響を受けた町民を支援するため、全町民に1人当たり5万円を給付する特別定額給付金の事業費8750万円を盛り込んだ4347万円の一般会計補正予算を全会一致で可決した。補正予算には抗原検査キットを購入する感染症対応地方創生臨時交付金400万円も含む。

 特別定額給付金は糸数健一町長が選挙公約の目玉として打ち出した。糸数町長の強い意向で、就任直後の議会での上程となった。
 10月下旬ごろに全住民を対象に通知書を送付し、口座情報などの必要事項を記入した用紙を返送。町に届いた書類を確認し、給付の手続きとなる。給付は11月上旬から開始予定。町出身の高校生も対象にする方向で検討し、1750人分の予算を確保している。
 町は2020年、町独自の感染症対策として、特別定額給付金3万円を2回に分けて給付した。今回で3回目の給付となる。
 事業者支援の抗原検査キットは町が一括購入し、町商工会や観光協会に加盟する法人に割り当てられる予定で、1社当たり月2回、5カ月程度分を確保するという。
 財源は財政調整基金と予備費を取り崩して充てられる。補正予算に計上された特別定額給付金の総額は8700万円超となったが、他の歳出で当初予算からの減額があり、補正予算は総額では4347万円になった。
 一般会計予算総額は39億5600万円になった。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る