保革とも分裂選挙か 告示まで1カ月、4人出馬も 石垣市長選

 2月20日告示、同27日投開票の石垣市長選は告示まで1カ月に迫った。4選を目指す保守系現職、中山義隆氏(54)、保革共闘体制に支えられた保守系市議、砥板芳行氏(52)が出馬表明しており、革新系市議、内原英聡氏(37)も23日に出馬表明記者会見を予定している。保革共に分裂選挙となる異例の展開。農業生産法人代表、金城利憲氏(67)も出馬の意向を示している。

 革新支持層は砥板陣営と内原陣営に分裂。次呂久成崇県議、野党連絡協議会会長の宮良操会長ら4人は砥板氏、野党市議の花谷史郎氏、前津究氏の2人は内原氏を推している。残る野党市議の長浜信夫氏は20日に記者会見して態度を表明する予定で、砥板氏を支持すると見られる。
 砥板陣営は、このまま分裂選挙に突入する可能性を危惧し、内原陣営に対する一本化の働き掛けを継続しているが、内原氏は出馬の意思を変えていない。
 保守支持層も中山陣営と砥板陣営に割れている。2018年市議選で約4800票を獲得した故・砂川利勝元県議の後援会などが砥板氏擁立を主導。保守系の元市議会議長である入嵩西整、伊良皆高信、知念辰憲の3氏も砥板陣営に加わり、知念氏は後援会長に就任した。
 砥板氏の支持基盤は革新層が中心だが、選対の「顔」には保守系を配した形で、保革の「ハイブリッド体制」を打ち出す。
 中山陣営は近く自民党の推薦を得る見込み。砥板氏が共産党と政策協定を結んだことなどを批判し「中山が保守本流」と強調する。公明党にも推薦願いを出し、従来選挙と同様の自公選挙協力体制構築を目指す。
 後援会長は市商工会会長の大濱達也氏が務め、経済界との連携もアピール。前回市長選で中山氏をバックアップした経済団体や市民団体の多くは今選挙でも中山氏支持を打ち出した。中山陣営は従来の市長選と同様、組織力を生かした戦いになりそうだ。
 金城氏は現在、基本政策の取りまとめを進めており、19日、「近く出馬表明記者会見を開く」と話した。出馬に意欲を示していた市議会中立会派「未来」の箕底用一氏も近く未来会派として記者会見し、今後の対応を表明する考えを示した。
 砥板、中山陣営は後援会事務所を拠点に事実上の選挙戦をスタートさせており、支持者へのあいさつ回りや街頭での手振りも活発化している。ただ新型コロナウイルスの感染が拡大する中、支持者を大動員した集会は自粛を余儀なくされており、当面は感染対策に配慮した活動が続きそうだ。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科
ページ上部へ戻る