マンゴーの販売促進PR 色合い、濃度は「抜群」

「マンゴーの日」セレモニーで販売促進をPRする関係者ら=15日午前、JAおきなわ食菜館・とよさき菜々色畑

 【豊見城市】「マンゴーの日」の15日、沖縄県農林水産物販売促進協議会(大城勉会長)は、JAおきなわ食菜館「とよさき菜々色畑」でマンゴーの日のセレモニーを行った。県によると今期のマンゴーは1525㌧と昨年より3割ほど減少したが、色合いと糖度は抜群の出来だという。

 大城会長は「今期は空梅雨と7月の相次ぐ台風の影響で、厳しい生産環境だった。しかし、生産者の日々の努力で、近年で一番の色合いと糖度がある、高品質な甘いマンゴーに仕上がっている」とあいさつ。

▼過去記事の全文は「新聞オンライン.com」で
八重山版 http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo
沖縄本島版 http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamahontoban

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る