国守る使命を誓う 自衛隊採用予定者を激励

採用予定者の皆さん(下段)=5日、市内

 2021年度自衛隊採用予定者の八重山地区激励会(主催・八重山防衛協会ほか3団体)が5日、市内飲食店で行われた。今年度は八重山出身の採用予定者10人のうち6人が参加した。

 予定者を代表してあいさつした笹原でいごさん(18)=竹富町上原=は「激動する世界情勢は他人事ではない。国や国民を守る自衛官になる者として、強く使命感を持つ」と力強く語った。
 鹿児島県・国分駐屯地の第113教育代隊に入隊予定の砂川弘太さん(24)=石垣市大川出身=は、10人の採用予定者のうち、唯一の大学卒。神奈川県の桐蔭横浜大学を卒業後、車の整備士を経て自衛隊に志願した。「私には社会経験と忍耐力がある。あまり不安はない」と社会人経験者としての自信をのぞかせる。
 砂川さんは母方の家系が与那国島にルーツがある。帰省した際、与那国駐屯地で働く自衛官の活躍に心を打たれたことが決断のきっかけだという。「優しく強い自衛官になりたい」と決意を語った。
 激励会には、防衛協会の三木巌会長をはじめ、中山義隆市長、八重山自衛隊家族会の上地和浩会長など、来賓が多数出席。予定者の皆さんを祝福、激励し、今後の活躍を祈念した。
 三木会長は「国民の最後の頼みは自衛隊。体を鍛えて国民の信頼に応えてほしい」と強調。中山市長は「自衛隊は多くの国民に勇気と希望を与えている。強靭な自衛官になってほしい」と期待した。
 最後は万歳三唱で気勢を上げた。
 採用予定者の皆さんは次の通り。(敬称略)
 ▽陸上自衛隊一般曹候補生=笹原でいご、砂川弘太、加瀬嵯彩▽海上自衛隊一般曹候補生=相川聖太、松田沙也▽陸自自衛官候補生=上原崇雅、崎枝英恭、成底顕信▽航空自衛隊自衛官候補生=大城篤輝、宮良漱

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科
ページ上部へ戻る