石垣市で生年祝い式典 364人の長寿を祝う 茶寿3人にあやかりの盃

108歳の茶寿の皆さんに賞状を手渡す中山市長=12日、石垣市民会館大ホール
108歳の茶寿の皆さんに賞状を手渡す中山市長=12日、石垣市民会館大ホール

 市民会館大ホールで開催し、市内の364人の長寿を祝った。今年の対象者は、108歳の茶寿が3人、97歳のカジマヤー、マンタラーが78人、86歳が283人の計364人。茶寿の野崎千代さん(108)が代表して中山義隆市長へあやかりの盃を捧げた。
 中山市長は「地域の伝統の継承に取り組まれている皆様は、石垣市の宝。まりどぅしぬよい(生年祝い)を迎えられたことを心からお慶び申し上げます」とあいさつ。参加した高齢者の皆さんに1人ずつ頌状を手渡した。
 祝宴では岡山睦子八重山舞踊研究所、黒石髙子舞踊研究所の皆さんがそれぞれ「鷲ぬ鳥節」、「赤また節」を踊り、式典を彩った。また、昨年のとぅばらーまチャンピオン、東川平成人さんも歌声を披露。東川平さんの美しい歌声に涙を流す参加者もいた。
 みごと唄い終えた東川平さんは「大切な式典の舞台に立てて本当に光栄。皆さんをお祝いする」と笑顔で話した。
 参加した宮良利(とし)さん(97)=大川=は「きちんと運動して、栄養の良いものを食べると長生きができる。余生は自然のままに生きたい」と元気な笑顔。浦崎永ニさん(85)=登野城=は、長寿の秘訣を問われると「楽しいこと、やりたいことに打ち込むこと」と強調し、今後も趣味のソフトテニスを楽しむと意欲を見せた。
 日本国内では、65歳以上の人口が3640万人となり、過去最多。石垣市では2017年12月末に65歳以上の人口が1万人を超え、現在は1万1360人の高齢者が暮らしている。
 昨年の市内での生年祝い対象者は354人だった。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科
ページ上部へ戻る