まいぞうくん

 沖縄県本島北端部の国頭村。ここの宜名真集落の海岸(写真1)の沖合の深さ10㍍の海底に眠るのが宜名真沖海底遺跡だ。1872年に英国の商船ベナレス号が座礁・沈没して、遺跡を形成することとなった。

写真1

宜名真沖海底遺跡の位置(濃い青色の箇所)

 これまでに沖縄県立埋蔵文化財センターや南西諸島水中文化遺産研究会などによって複数回調査され、中国産陶磁器や欧州産陶器、金属製品、ガラス製品などが散布していることが確認された。フォークやガラス瓶の破片(写真2)など、乗組員が使ったと思しき遺物も見つかっている(写真提供=沖縄県立埋蔵文化財センター。同センター第87集 沖縄の水中遺跡・沿岸遺跡ー沿岸地域遺跡分布調査報告ーの記事を再編集いたしました)。

写真2

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科
ページ上部へ戻る