市民の自主隔離支援へ コロナ拡大で市が対策 生活必需品宅配も

記者会見する中山市長=15日午後、市役所

 八重山で新型コロナウイルス感染が急拡大していることを受け、石垣市の中山義隆市長は15日、同居家族が感染した市民が自主隔離のためホテルなどに宿泊する場合、宿泊費用を支援すると表明した。自宅療養している感染者に対し、衛生関係の生活必需品の宅配も始める。3回目ワクチン未接種者に対する集団接種、市のコロナ相談窓口の動員にも取り組む。

 市は感染拡大に対応する対策を新たに決定し、中山市長が記者会見で発表した。
 市民の自粛隔離支援は、同居家族が陽性となったが、本人は陰性で、仕事や学業を継続する場合に行う。
 支援は1泊5千円を上限とする方向で、自主隔離の期間は同居家族の陽性判明から10日間がめど。中山市長は「『ウィズコロナ』の対策として行う」と説明した。
 15日の宿泊から対象とし、財源は予備費から捻出する。
 同居家族などがいない自宅療養者に対しては現在、八重山保健所が配食サービスを行っている。市は今後、トイレットペーパーなどの衛生関係の生活必需品についても、補助的に宅配する方針を決めた。
 ワクチン集団接種は31日から60歳以上と18歳以上の基礎疾患保有者を対象に予定されている。市は3回目接種を受けていない人に対しても、同じ会場で集団接種を行う。
 市は現在、3回線の電話相談窓口を運用しているが、新たに事務職2人と専門職3人を増員し、対応強化を図る。
 中山市長は、経済活動は従来通り行う方針を示し「(オミクロン株派生型の)感染力が強いので、容易に感染する状況がしばらく続く。感染者が増えると八重山病院の医療が逼迫するので、これまで以上に喚起などの対策を徹底してほしい」と呼び掛けた。特に高齢者施設で感染を広げないよう要請した。
 国に対し、高齢者や基礎疾患保有者以外の一般市民も希望者が4回目接種を受けられるよう求める考えを示した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科
ページ上部へ戻る