佐喜真氏「暮らし最優先」 玉城氏「知事の思い継ぐ」 台風接近で最後の訴え 知事選

最後の街頭演説で支持を訴える佐喜真氏(右)と玉城氏=28日、那覇市内

 知事選はあす30日投開票される。28日には、台風24号が沖縄本島に接近していることを受け、各陣営が打ち上げ式や最後の街頭演説を一日前倒しした。事実上の一騎打ちを繰り広げている前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=は「県民の暮らしが最優先。対立から対話へ」、前衆院議員の玉城デニー氏(58)は「誇りある豊かさを実現する翁長雄志知事の思いを継ぐ」と強調。改めて選挙戦のスローガンを掲げ、支持拡大を求めた。
 選挙戦最終日の29日は沖縄本島地方に台風が最接近するため、街頭での運動は実質的に28日が最後。29日は、各陣営とも電話作戦やSNSなどで票の積み上げを図る。

 佐喜真氏は打ち上げ式に先立ち、名護市や沖縄市、宜野湾市、浦添市、那覇市中心部で遊説。同行した公明党県本部幹事長の金城勉県議は「一票も逃すことなく、佐喜真知事誕生のために頑張ろう」、日本維新の会の儀間光男参院議員は「佐喜真氏は交渉力に長けて決断が早い」、自民党の国場幸之助県連会長は「誠実な心や政策が、最後には県民に届くと確信している」と述べた。
 玉城氏は那覇市内を中心に最後の訴えをして回った。「大集合・街頭演説会ファイナル」と銘打った小禄の大型店前では、ひやみかちうまんちゅの会の会長を務める金秀グループの呉屋守将会長、翁長雄志知事の次男・翁長雄治那覇市議らが応援演説。「躍動する東南アジアの経済圏と日本の経済圏の結節点として、新しい沖縄を作り上げよう」「辺野古新基地を受け入れることは断じて許されない」と語気を強めた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る