過去最多 39万票超で圧勝 辺野古阻止訴え県政継承 知事選

当選確実を受け、バンザイ三唱する玉城デニー氏(中央)と支持者ら=30日夜、那覇市

 翁長雄志知事の死去に伴う知事選は9月30日投開票され、翁長県政の継承を訴える無所属新人で前衆院議員の玉城デニー氏(58)が過去最多の39万票超を獲得し、無所属新人で前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=らを破って初当選した。佐喜真氏には約8万票差の圧勝。米軍普天間飛行場の辺野古移設に反対する候補が2代続けて当選したことで、国と県の対立はさらに長期化する見通し。移設を推進する安倍政権には打撃となる。

 玉城氏は「翁長知事の遺志を継ぐ」と訴え、辺野古移設を推進する安倍政権を批判。辺野古移設は知事権限を駆使して阻止する考えを示している。県は辺野古沿岸埋め立て承認を撤回し、今後は国との法廷闘争が予想されるが、玉城氏は県の方針を支持し、国との対決姿勢を維持する構えだ。ただ法廷闘争に敗れた場合、移設を阻止できるかは不透明で、反対派は今後も正念場が続きそうだ。
 玉城氏は翁長氏の死で急きょ出馬が決まり、当初は出遅れが懸念されたが、長年のタレント活動などで培った高い知名度を武器に、有権者に急速に浸透。翁長知事の後継者であることを前面に打ち出すことで「弔い合戦」ムードを盛り上げた。自民、公明、維新などの推薦を受けた佐喜真氏に対し、基礎票では劣るものの、無党派層の幅広い支持で票を上積みし、佐喜真氏の猛追を振り切った。
 佐喜真氏は安倍政権が全面的にバックアップ。辺野古移設には直接触れず、政権と連携した沖縄振興や県民所得向上、子育て支援などを訴えた。保守中道層を中心に支持を拡大したが、及ばなかった。
 元那覇市議渡口初美氏(83)、元会社員兼島俊氏(40)は支持が広がらなかった。
 投票率は63.24%で、前回を0.89ポイント下回った。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る