実務担当者会議を設置 石垣島天文台で運営協議会

石垣島天文台運営協議会が開かれた=2日午後、同所

 石垣島天文台(花山秀和施設管理者)で2日、2018年度の運営協議会が開かれ、運営に関わる6団体が今年度の活動計画などを審議した。
 同天文台は17年度から、市、市教委、NPO法人八重山星の会、県立石垣青少年の家、琉球大学、国立天文台の6者で運営されており、同年度は合計で1万4千192人が利用した。

 協議会で国立天文台の常田佐久台長は「石垣島天文台は、最先端の研究と地域貢献という2つの役割を担っている。役割を果たすためには、運営に関わる各団体の相互協力が必要だ」とあいさつ。各団体の代表者が、17年度の実績と18年度の活動計画を報告した。
 協議会規則の改正では、年1回の本会議以外に実務担当者会議を設置することなどが承認された。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  八重山漁業協同組合青年部(根本友樹部長)と第十一管区海上保安本部石垣海上保安部(増田克樹部長)が1…
  2.  新型コロナウイルスのワクチンが4日午前、県立八重山病院に初めて搬入された。来週から医療従事者への優…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では4日、…

話題をチェック!

  1.  災害時の福祉避難所と市民などの交流施設とを兼ね備えた「結い心(くくる)センター」が30日午後、石垣…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る