中国、尖閣周辺にブイ設置 政府抗議「海洋法条約上問題」

 菅義偉官房長官は3日の記者会見で、尖閣諸島周辺海域で中国がブイを設置したことが確認されたとして、中国政府に抗議したと明らかにした。「東シナ海の日中中間線の日本側でブイの存在が確認された。国連海洋法条約上、問題があり得る」と述べた。

 外務省によると、ブイが確認されたのは日本の排他的経済水域(EEZ)内で、北京の大使館から中国外務省に抗議した。

 中国は尖閣周辺で日常的に公船を航行させるなど、領有権を主張する行動を続けており、ブイ設置もその一環と見られている。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る