覚せい剤密輸で台湾人告発 沖縄地区税関

 沖縄地区税関は4日、覚せい剤を密輸しようとしたとして、台湾人の住所不定、職業不詳、李東育(リ・トゥンユイ)容疑者(43)を関税法違反で那覇地検に告発したと発表した。

 同税関によると李容疑者は9月18日、台湾から大型クルーズ船「スーパースターアクエリアス号」を利用し、覚せい剤0.46グラムを密輸しようとしたが、那覇港に到着した際の税関検査で発見された。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る