台風、先島諸島に最接近 本島、宮古が暴風域に

台風25号(コンレイ)の進路予想図(気象庁より)

 大型で強い台風25号(コンレイ)は4日午後9時現在、久米島の南約90キロにあり、時速25キロで北北西に進んでいる。沖縄本島地方と宮古島地方は4日、暴風域に入った。沖縄本島地方には5日未明、先島諸島には4日夜遅く最接近したと見られる。気象庁は暴風や大雨に厳重に警戒するよう呼び掛けている。
 暴風域から出るのは、沖縄本島地方が5日昼過ぎ、宮古島地方が5日朝の見込み。沖縄本島地方と先島諸島には4日、暴風警報が発表された。沖縄本島では4日午後8時5分、うるま市で最大瞬間風速38.4メートルを観測した。

 4日から5日にかけて大気の状態が非常に不安定となり、沖縄本島地方では、多い所で1時間に70ミリの非常に激しい雨が降る見込み。先島諸島では、多い所で1時間に40ミリの激しい雨が降る見込み。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するよう呼び掛けている。
 5日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄本島地方35メートル(50メートル)、大東島地方18メートル(30メートル)、宮古島地方30メートル(45メートル)、八重山地方25メートル(35メートル)。
 5日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で沖縄本島地方250ミリ、宮古島地方150ミリ。八重山地方100ミリ。
 台風の中心気圧は965ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。220㌔以内全域は25メートル暴風域、西側650㌔、東側560㌔は15メートル以上の強風域。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る