東が16勝目 27万人が興奮 伝統の那覇大綱挽

勝利の瞬間、沸く東方=7日、那覇市久茂地交差点

 【那覇市】第48回那覇大綱挽(那覇大綱挽保存会主催)が7日、国道58号線の那覇市久茂地交差点で行われた。県民、国内外の観光客、ボランティアなど27万人(主催者発表)が詰めかけ、「ハーイヤ」の掛け声とともに、全長200㍍の綱を東西に分かれて引き、12分間の熱闘の結果、東方が勝利した。
 式典では那覇大綱挽保存会の玉城正一会長が「豊年祝賀、繁栄と平和を願う重要無形文化財の那覇大綱挽の伝統を継承し、国内外に高らかにアピールしていきたい。ギネス認定の世界一の那覇大綱挽を大いに楽しんでください」とあいさつした。

 大綱挽に先立ち、西一番旗「凱歌」を先頭に、東西それぞれ7旗、合計14旗による旗頭行列(うふんなすねーい)が繰り広げられた。鐘や太鼓、ほら貝が奏でるリズムとともに、50から65㌔ある旗頭を中心に国際通りを練り歩き、随所に設けられたスポットでは、西方は那覇手(なーふぁてぃ)、東方は首里手(すぅいてぃ)と、各地域の特色のある空手の演舞を小学生からベテランまでが披露した。
 安里洋子さん、鈴音さん親子=南風原町在住=は「毎年大綱挽は見に来ているが、年々参加者が増えていて、特に外国の方々が多くなっている。切り取った綱は1年間のお守りとして飾る」と話す。
 西方小禄意氣昂の頭貫守護の金城征洋さんは「8月末から、仕事終わりの午後8時から同10時過ぎまで、みんなで練習を積んで本番を迎えたが東方に負けて大変残念だ。来年は絶対勝つ」とリベンジを誓った。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る