イセエビの解禁1カ月延期 資源保護、8月から

イセエビ類・セミエビ類の新しい漁獲ルールをPRするパンフレット

 例年7月1日にイセエビが解禁されてきたが、今年は資源保護の観点から、解禁日が8月1日に延期されることが分かった。

 沖縄海区漁業調整委員会の指示で、4月から施行されており、イセエビだけでなくセミエビも対象。漁獲資源の持続可能な状況を生み出すことが目的。

 イセエビとセミエビの禁漁期間が4月1日から始まるのはこれまで通りで、それが7月31日まで続くこととなる。

 また体長20㌢以下のイセエビ、セミエビは捕獲禁止。セミエビに関しては、抱卵する個体の採捕が追加で禁止された。

 8月1日へ解禁日が変更されたため、食品の仕入れ業者や、飲食店のメニューにも影響するとみられる。

 問い合わせは同委員会事務局℡098・866・2300。

▼過去記事の全文は「新聞オンライン.com」で
八重山版 http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamanippo

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る