町、きょうにも専決処分か 依然議長決まらず 与那国町議会

 与那国町議会(定数10)9月定例会は11日、引き続き議長選挙を行ったが、依然として決まらなかった。この日も午前2回、午後3回の計5回、投票を行った。毎回与野党5対5の同数のためくじ引きが行われたが、当選者は辞退した。これで通算9日目となり、投票は44回目を数えた。定例会は当初、11日までの予定だったが、12日以降も議長選挙は行われる。

 一方、町執行部は議長不在のため議案審議がストップしている状況を憂慮し、緊急度の高い一般会計予算の補正予算などについて、 議会の議決を経ずに議案を決める専決処分を12日にも行う構えだ。
 専決処分を行う予定となっているのは、補正予算約7億円のうち、ほぼ半分に当たる3億4800万円分(防災無線のデジタル機器化)。
 外間守吉町長は14日から22日まで、日本離島センター主催の海外視察でイタリアに出張するため、専決処分を急ぐ。外間町長は「私が口を挟むものではないが、異常事態だ。早急に解決してほしい。出口の見えないトンネルに入っているようだ」と述べた。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る