「島民ファースト」の実現を 金城利憲氏が出馬表明 離島のコスト低減など主張 県議補選

県議補選に出馬表明する金城利憲氏=10日午前

 9月30日の知事選と同時に行われる石垣市区の県議補選で、農業生産法人有限会社ゆいまーる牧場会長の金城利憲氏(63)が10日、大浜信泉記念館で記者会見し、正式に出馬表明した。八重山日報の取材に対し「争点は『島民ファースト』を実現できるかどうか。離島の輸送コスト低減や中小企業支援などの課題に取り組みたい」と述べた。知事選では玉城デニー氏を支援する考えを示した。
 立候補の動機について「離島の農業などの問題を理解している県議がいない。自分が取り組まなくてはならない」と強調。具体的な政策として①島のガソリン代を下げる②離島運賃を下げる③県関係機関の食糧調達は100%県産品とする―ことなどを挙げた。

 当選した場合に最優先に取り組むこととして「行財政改革。沖縄の中小企業が片隅に追いやられている。民間企業への支援事業が本当にためになっているのか精査し、幅広く公平に行われるようにする」と強調した。
 石垣島への陸上自衛隊配備計画に対しては「中国脅威論には賛成しない。自衛隊の存在は否定しないが、ミサイル基地には反対する」と反対を明言。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設についても「税金の無駄づかいだ。米国は(普天間飛行場の移設先は)沖縄でなくてもいいと言っている」と批判し、移設に反対する玉城氏と歩調を合わせる考えを示した。
 政党の支持や支援は受けない考え。玉城氏側とは知事選の共闘について調整しておらず、今後申し入れる。後援会などの組織構築も進める。
 県議補選には株式会社石垣エスエスグループ代表取締役社長の大浜一郎氏(55)=自民公認=が出馬表明している。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では26日…
  2.  県立八重山高校(黒島直人校長)の家庭クラブは、今春卒業する3年生の制服を回収し、リユース(再利用)…
  3.  「タイワン!」。平埔(へいほ)族の言葉で「お客さん!」という意だという。「台湾」とは、その昔オラン…

話題をチェック!

  1.  21日投開票の参院選で「保守地盤」とされる石垣市、宮古島市では自民公認の安里繁信氏の得票がトップだ…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年2月« 1月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る