バイヤー100人来場 沖縄物産試食と商談会 美崎牛など15ブース出展

(石垣市役所商工振興課提供写真)

 沖縄県主催の「沖縄物産試食及び商談会」が25日、香港九龍にあるホテルで開催され、県内各地から15ブースが出展した。香港の飲食業、卸業者らバイヤー約100人が来場し、出展者の商品に対して仕入値や提供可能量などの商談や試食、試飲を行なった。
 市内からは株式会社美崎牛本店と、石垣島ブースとして請福酒造のリキュールやお酢、よへな養蜂のはちみつの商品が展示された。

 現地パートナー企業のライジングフード有限公司と商談会に臨んだ美崎牛本店の美崎信二代表は「牛肉を扱っているバイヤーは来たが、沖縄の牛肉を扱っているところは少なく、取引の希望があった。そこにビジネスチャンスがある。石垣島産牛肉の良さを伝え、ブランド力を高めて、香港
に根付くような販売をしたい。認定と畜場の供用開始に期待が高まる」と述べ、参加したバイヤーの1人は「香港はいい物は評価され購入できる市場。石垣島の知名度は高くなっており、物産にも関心が起こっているチャンス」だと話した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る