例年2倍の花火400発も 節目の満慶まつり盛況

満慶太鼓10周年バージョンの中で鎌と槍を持った男性が演舞を披露した=1日夕、石垣市川平小中学校

 第10回満慶まつり(同実行委員会主催)が1日、川平小中学校グラウンドで盛大に開かれ、児童生徒の余興やアーティストのライブなどで盛り上がった。日が暮れると第10回特別企画として例年の2倍となる400発の花火が夜空を彩った。
 イベントは午後6時頃、川平小中学校児童生徒の開会宣言で幕開け。宮良あゆみさんの民謡独唱や、八重山高校郷土芸能部は踊りを披露した。

 また、満慶太鼓10周年バージョンとして、川平小中学校OBたちが一糸乱れぬ太鼓の演舞をみせ、会場から拍手が送られた。同まつり実行委の仲野英則委員長は、満慶まつり開催の経緯などを説明した。
 日が暮れ始めると金城弘美さんのライブがスタート。しっとりとした歌声で会場の注目を集めた。続いて池田卓さんがライブで盛り上げた。大型テレビなどが当たる大抽選会も盛り上がった。
 最後にはザ・テラスホテルズ提供の花火400発が夜空を彩り、フィナーレを迎えた。
 同まつりは8年前、川平中学校の全国総合文化祭派遣費用ねん出を目的に開始されたイベントで、以後地域イベントとして毎年行われている。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域で12日、…
  2.  宮古、八重山の5市町でつくる美(か)ぎ島(すま)美(かい)しゃ市町村会の中山義隆会長(石垣市長)ら…
  3.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採され、周辺で進められている陸上自衛隊配備工…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では11日…
  5.  玉城デニー知事は9日、国の新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の対象に石垣市を追加した。市内…

ページ上部へ戻る