沖縄観光の盛り上げ役に ウルトラマンジェットが就航 JTA

初就航を歓迎する(左から)黒島八重山営業所所長、上里石垣空港副所長、我那覇八重山支社長=30日、南ぬ島石垣空港

 日本トランスオーシャン航空(JTA・丸山潔代表取締役社長)と㈱円谷プロダクションとのタイアップによる特別デザイン機「ウルトラマンJET」が30日、那覇空港から南ぬ島石垣島空港に到着した。今後は沖縄と羽田、関西国際、福岡を結ぶ路線で4月まで運航される。

 我那覇宗広八重山支社長、黒島勝八重山営業所所長、上里修石垣空港副所長らが横断幕で初就航を歓迎した。
 「ウルトラマン」の脚本家、金城哲夫氏は南風原町出身。同町にある金城氏の資料館が「訪れてみたい日本アニメ聖地88(2018年版)」に選ばれたことがきっかけで就航が決まった。
 金城氏の弟で同館館長を務める和夫さん(71)は「就航を機にウルトラマンの生みの親の兄の足跡を知ってもらい、多くの人にウルトラマンのルーツを探りに来てほしい」と期待している。
 我那覇支社長は「安室JETに継ぐ企画。これまで、ヤンバルクイナ、ジンベエザメ、空手のデザインで沖縄をアピールしてきた。ウルトラマンゆかりの地・沖縄をPRし、沖縄観光を盛り上げたい」と意気込んだ。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る