再推薦へ作業推進 世界遺産候補の奄美・沖縄

富川副知事から要請書を受け取る菅官房長官=30日、首相官邸

 菅義偉官房長官は30日、沖縄県の富川盛武副知事と首相官邸で会い、世界自然遺産候補「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」の2020年登録に向け、来年2月までの国連教育科学文化機関(ユネスコ)への再推薦を求める要望書を受け取った。「可能な限り早くできるよう作業を進めたい」と応じた。遺産の地元町村の首長らも同席した。

 菅氏は登録後の観光客増で周辺住民の生活環境に影響が予想されることには「政府が着実に対応する」と述べた。
富川副知事らは環境省も訪れ、再推薦を中川雅治環境相に求めた。中川氏は「確実な登録を目指していく」と応じた。富川氏は記者団に「要望を前向きにとらえてもらった」と述べた。

▼過去記事の 全文は「新聞オンライン.com」で
沖縄本島版 http://www.shimbun-online.com/latest/yaeyamahontoban.html

関連記事

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では11日…
  2.  玉城デニー知事は9日、国の新型コロナウイルス「まん延防止等重点措置」の対象に石垣市を追加した。市内…
  3.  石垣市の尖閣諸島周辺海域に10日領海侵入した中国海警局の船2隻が、地元漁船を追尾する際、一定の距離…
  4.  第十一管区海上保安本部によると、10日午前11時40分ごろ、石垣市の尖閣諸島周辺の領海に、機関砲の…
  5.  県は、新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」適用地域に石垣市を追加した。石垣市では5月に入っ…

ページ上部へ戻る