個性的な演武を披露 ロシア武道代表団、記念事業で

祝祭行事の一大イベントとして受け継がれ、強さや敏捷性、耐久性を競う「コレッシュ」の演武=10月31日夜、沖縄空手会館

 日露首脳会談で合意された「ロシアにおける日本年」「日本におけるロシア年」の記念事業として、ロシア武道代表団 交流演武沖縄大会(主催・日本武道協議会、ロシア武道連盟など)が10月31日、市内の沖縄空手会館で開催された。

 第1部では沖縄県空手道連盟所属道場、第2部ではロシア武道代表団が空手演武を披露した。ロシアの民族衣装や伝統文化ともに紹介された演武では、旧ソビエト発祥の武器を使用しない「サンボ」など、ロシアの伝統武道8つが紹介された。音楽や照明を駆使したエンターテイメント性あふれる演出に会場中から拍手や歓声が上がった。
 サンボの他には「コレッシュ」「マス・レスリング」「ハプサガイ」「コサック武術」「ブヘ・バリルダーン」「ブリヤート弓術」など、個性的なロシアの伝統武道が披露された。会場には多くの観客が詰めかけ、声援を送った。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る