琉球泡盛の輸出促進へ 各団体が活動状況を報告

泡盛の海外輸出に向けて意見が交わされた=2日午前、那覇第二地方合同庁舎1号館

 沖縄総合事務局は2日、琉球泡盛の海外展開を促進するため官民の関係者が一体となった取り組みを推進する「琉球泡盛海外輸出プロジェクト」の第3回会合を開き、有識者や内閣府沖縄振興局、県酒造組合、民間企業など関係団体が集まった。
 沖縄振興局の村上勝彦参事官は、琉球泡盛など日本産品の輸出促進に向け、2019年度は今年度より予算を増額要求し、政府を挙げて取り組んでいると報告。また同プロジェクト行動計画の実施状況について、県酒造組合によるリニューアルしたWEBサイト「泡盛百科」の公開や(一社)沖縄観光コンベンションビューローによる香港・台湾・韓国での普及イベントの実績などを紹介した。
 顧問の宮腰光寛沖縄担当相はあいさつ(代読)で「2020年までに輸出量倍増という目標に向け、皆様から具体的なご提案をいただきたい。私からは泡盛振興に取り組む民間ビジネス関係者の化学反応を促すためのプラットフォームのようなものが構築できないかと考えている」と述べた。 

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では20日…
  2.  南の島石垣空港と市街地を結ぶアクセス道路・県道石垣空港線の整備工事は2023年の全面供用開始に向け…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では23日、…
ページ上部へ戻る