2日間で4万4千人 石垣島まつり盛況

フィナーレを飾るBEGINの登場に来場者は酔いしれた=4日、石垣市新栄公園野外ステージ

 3日から開催されている石垣島まつりのメインイベント、市民大パレードが4日行われ、32団体2000人以上が新川小学校からホテルククルまでのコースを練り歩き、踊りや演舞、工夫を重ねたパフォーマンスで、訪れた市民や観光客を楽しませた。
 パレードはボーイスカウト石垣第一団による石垣島まつりの横断幕を先頭に、石垣市商工会青年部による力強い太鼓でスタート。ミス八重山と愛知県岡崎市の観光大使おかざきの2人、グレート家康公「葵」武将隊が続き、市内6小学校の吹奏楽部やマーチングバンドが元気いっぱいの演奏を披露した。

 地域の部では市内10の字会・公民館、八重山農林高校が自慢の旗頭を掲げた。石垣市婦人連合会、八重山漁業協同組合の女性たちによる踊りの他、建設業組合によるユンボのパフォーマンス、JTA職員40人が力強いダンスを見せた。
 また石垣第二中学校のマーチングや空手連盟の演舞、バット折りなども。宮城姉妹・石垣孔雀サンバチーム、琉球國祭り太鼓がトリを務め、パレードは観客の拍手喝采で盛り上がった。
 ステージでは、6団体によるパフォーマンス、ダンスバトル八重山№1決定戦、グレート家康「葵」武将隊ステージショーが行われ、サンデイナイトミュージックライブ2018として「もつるオーケストラ」、「ストライクカンパニー」が演奏し、フィナーレには「BEGIN」が登場。宮城姉妹のパフォーマンスが花を添え、観客は酔いしれた。
 大会本部の大得英信事務局長は「天候が気になったが1日目が1万2千人。2日目はパレードに2千人、観客が3万人のべ4万4千人。平成最後で来年55回目の節目につなげる、まつりを無事終了できた」と感想を述べた。
 市民大パレードの受賞者は次の皆さん
 ▽最優秀賞=マーチング石垣第二中学校
 ▽優秀賞=日本トランスオーシャン航空㈱
 ▽優良賞=宮城姉妹・石垣孔雀サンバチーム

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る