丹精込めた236作品を展示 浦添市美術館で身体障がい者福祉展

「一夜の花見会」が奨励賞に輝いた松本修さん=14日、浦添市美術館

 第58回沖縄県身体障害者福祉展(県、県身体障害者福祉協会主催)が14日、浦添市美術館で始まった。17日まで。県内全域から集まった陶芸、書道、工作、縫製、絵画、写真など計236点が出展された。オープニングセレモニーで浦添市の松本哲治市長は「皆さんの力作、アートの素晴らしさを堪能したい。多様性を認める、みんなで支え合っていく、そういう浦添市を作っていきたい」と祝辞を述べた。
 審査会で各部門の金賞、銀賞、銅賞、奨励賞など29作品が選ばれた。浦添市の松本修さん(48)は一晩しか咲かない花「月下美人」を自宅で写真に収め、作品名「一夜の花見会」として出展し、奨励賞に選ばれた。松本さんは脳性麻痺で生まれつき右上下肢機能に障がいを持ち、カメラのシャッターを切るのも苦労するというが、「深夜にタイミングを見計らって、一番綺麗に開花する瞬間を撮った。作品名も3カ月かけて考えた」と話す。暗闇に咲く月下美人のはかなさと美しさが表現された作品となった。「花の絵もよく描く。熱中して夢の中でもアイディアが浮かんでくる」と創作への熱意やひたむきさも語った。
 県身体障害者福祉協会の山城充正会長は「県民の理解と関心を高め、芸術文化を通して身体障がい者の社会活動への参加を促進することを目的に開催している。丹精込めた作品をごゆっくりご観覧いただきたい」と多くの参加を呼び掛けた。
 入賞した29作品は、12月8日開催の第52回県身体障害者福祉大会で部門ごとに表彰される。 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 竹富町の西大舛髙旬町長は町議会3月定例会初日の5日、2021年度施政方針演説を行なった。基本目標の第…
  2. 琉球大学病院(西原町、大屋祐輔病院長)で5日午後、県内初となる新型コロナウイルスのワクチン接種が始ま…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では5日、中…

話題をチェック!

  1.  翁長雄志前知事が那覇市長時代に残した平成の負の遺産と言っていいだろう。那覇市が儒教の祖・孔子をまつ…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る