ドローンで干潟観察 「おー!」参加者歓声 大富公民館

上空からのドローン撮影に手を振る参加者=25日、提供写真

 竹富町頑張る地域応援プロジェクトの「群青 再発見セミナー」(大富公民館主催)が25日、西表島で開かれた。セミナーではドローンを使った観察を実施。ドローンを通してヘラサギが地上のモニターに映し出されると、参加した子どもたちから「おー!」と歓声が響いた。
 同事業は中学校卒業時に島を離れる「15の春」を迎える前に、西表島の良さを体験通し、再発見してもらうことなどが目的。
 ドローンを使っての干潟観察ではプロの操縦者を招いて実施。ドローンが離陸すると「おー!」と最初の歓声。上空からヘラサギを観察し、「ヘラ」の部分がくっきり見えると、二度目の歓声が響いた。
 イベントは2部構成で行われ、約40人が参加した。
 同事業は竹富町の2018年度「ふるさと創生事業」で採択された。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 竹富町の西大舛髙旬町長は町議会3月定例会初日の5日、2021年度施政方針演説を行なった。基本目標の第…
  2. 琉球大学病院(西原町、大屋祐輔病院長)で5日午後、県内初となる新型コロナウイルスのワクチン接種が始ま…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では5日、中…

話題をチェック!

  1.  奄美、沖縄の自然を世界自然遺産登録を目指し、企業などで構成する「世界自然遺産推進共同企業体」の発足…

assembled by まめわざ

日付から記事を検索

2021年3月« 2月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
八重チャンネル
定期購読のお申し込み
ページ上部へ戻る