北部振興予算確保に努力 要請受け沖縄相

 渡具知武豊名護市長ら本島北部地区の12市長らが11月29日、内閣府に宮腰光寛沖縄担当相を訪れ、北部振興予算の確保や早期の事業採択を要請した。

 宮腰沖縄担当相は11月30日の記者会見で「北部の振興は、県土の均衡ある発展のために極めて重要なテーマ。いただいた要請の趣旨をしっかりと受け止めて精一杯努力し、北部地域の振興に皆さまと一緒に取り組む」と強調した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る