応募した6人全員が入賞 新聞コンで大活躍 崎枝中

沖縄賞の賞状を手にする野里実優さんと、金賞を受賞した生徒たち(左)=4日、崎枝中学校校長室。野里実優さんの受賞作品「地元」(右)

 第13回琉球新報学校新聞コンクール並びに第20回沖縄県中学校社会科新聞コンクール(主催・琉球新報社など)で、石垣市立崎枝中学校(今伊敏郎校長)から応募した生徒6人全員が入賞したことを受け、4日午後、同校校長室で報告会が行われた。
 3年・野里実優さん(15)の作品「地元」が沖縄賞に輝き、3年・富川裕二朗君、2年・國仲賢杜君、立津琉人君、野里愼君、1年・富川翔三郎君が金賞を受賞した。中学部の応募総数は4731点で、沖縄賞は沖縄に関する記事の中から1点だけ選ばれる。
 小学5年生の時に登野城から転校してきた野里さんは今回、自ら現地へ足を運び、地域住民に取材して、市内だけでなく自然豊かな崎枝でも、地域の関わりが希薄になっていることが問題だと気づく。地域の関係を深めたいという取材した人の気持ちを「つむぐ想い」としてつづり、地元・崎枝の生活や学校環境の変化をまとめながら、現代に生まれた有り難さを実感し、地域の人の想いを次につなげたいと考えるに至った。
 「まず自分から地域や人とのつながりを大切にしたい。高校生になっても、今回知ったことを機会があるごとに発信していきたい」と語った。
 野里さんの弟で金賞を受賞した愼君は「姉はすごい。追いつけない」と述べ、「人目を引くような工夫をしたが、こだわり過ぎて最後の方は時間が足りなかった」と悔しそうだった。
 同校では、関心のある記事を自分で見つけ記事の要約と感想を書き、月に1度、全校生徒の前で発表している。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 石垣市で、ゴールデンウィーク(GW)の人の往来に由来する新型コロナウイルス感染拡大が止まらない状況に…
  2. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では13日、…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域で12日、…
  4.  宮古、八重山の5市町でつくる美(か)ぎ島(すま)美(かい)しゃ市町村会の中山義隆会長(石垣市長)ら…
  5.  石垣市の嵩田林道で、県有地の森林が何者かによって無断伐採され、周辺で進められている陸上自衛隊配備工…

ページ上部へ戻る