市議会委が投票予算案否決 うるま市

 うるま市議会企画総務常任委員会は7日、辺野古米軍基地建設のための埋め立てを問う来年2月の県民投票に関する補正予算案を賛成少数で否決した。
 市議会事務局によると、委員長が20日の本会議で報告し、異議があれば採決を行う見通し。
 県内の自治体の一部は投開票事務への協力を保留しており、全市町村で実施できるかどうかが課題となっている。
 県の池田竹州知事公室長は7日の県議会で改めて全市町村での投票実施を目指す考えを示した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る