海を守る年末年始特別警戒 石垣海上保安部

 石垣海上保安部(花井宏泰部長)は10日午前、浜崎船艇基地の巡視船みずき停泊岸壁前で2018年度年末年始特別警戒・安全指導出動式を開き、保安職員ら約70人が参加した。特別警戒は同日から年明けの1月10日まで。
 テロ防止、旅客ターミナルの警戒、旅客船の警乗、安全点検などを実施する。花井部長は「八重山の海の安全・安心を守る大きな使命がある。全職員で皆さんが安心して年末年始と新年を迎えられるよう取り組みたい」と話した。
 職員らは巡視艇でのパトロール、離島ターミナルでチラシ配布などの安全周知活動を行った。

関連記事

ピックアップ記事

  1.  防衛省で前幕僚長を務めた河野克俊氏が12日、日本記者クラブでオンライン会見し、石垣市が尖閣諸島に字…
  2.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では14日…
  4.  県は14日、八重山で新たに17人が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。新規感染者は石垣市で1…
  5.  石垣市は14日、今年4月1日で認可保育園やこども園などの待機児童ゼロを達成した、と発表した。保育の…

ページ上部へ戻る