菅、玉城両氏きょう会談 辺野古土砂投入を伝達へ

 菅義偉官房長官は12日の記者会見で、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、玉城デニー知事と13日に首相官邸で会談する方向で調整していると明らかにした。辺野古沿岸部への土砂投入に踏み切る方針を直接伝える見通しだ。

 玉城氏は、土砂投入を見送るよう迫る考え。菅氏との会談に先立ち、防衛省で岩屋毅防衛相とも会う。安倍晋三首相との面会も要請していたが、11月28日に面会したばかりだとの理由で実現しなかった。
 土砂投入について菅氏は「投入予定日を14日と県に通知して準備を進めている。具体的な時期は作業の進捗(しんちょく)や気象状況で前後する」と述べた
 玉城氏は12日、移設工事を中止するよう防衛省沖縄防衛局に文書で行政指導した。ただ指導に強制力はなく、防衛局は応じない見込みだ。
 文書では、県による埋め立て承認撤回の効力を一時停止した石井啓一国土交通相の決定は違法だと指摘し、工事の即時停止を求めた。また、投入予定の土砂は環境保全のために必要な承認を受けたものではないと主張し「違法に工事を進めることは断固容認できず、土砂投入は絶対に許されない」と抗議した。
 沖縄防衛局は12日、土砂投入に向けた準備として、辺野古の沖合で、埋め立て用土砂を積んだ船から別の運搬船へ積み替える作業を実施した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る