潜水艦内で自衛隊員が死亡 石垣島に搬送

 13日午後3時ごろ、海上自衛隊の潜水艦が石垣島沖に入った。艦内で見つかった心肺停止状態の隊員を搬送するためとしている。
 防衛省海上幕僚監部によると、隊員は同日午前6時ごろ、艦内で倒れているところを同僚に発見されたという。海上保安庁の巡視船で石垣島に運ばれたが、午後5時半ごろ、八重山署で死亡が確認された。
 隊員の氏名や性別などは公表していない。死因は調査中。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る