反対派、車両の通行妨害 違法抗議で住民生活に影響 辺野古ゲート前

ゲートに入ろうとする車両の前に立ちふさがる土砂投入に反対する人ら=名護市辺野古のキャンプシュワブゲート前、14日早朝

 名護市辺野古沿岸部へ土砂が投入された14日、午前4時半から米軍キャンプ・シュワブのゲート前には基地反対派が集結。基地の中や走行中の車両に向かって「土砂投入を止めるぞ」「埋め立てを許さないぞ」と叫んだ。名護警察署による再三の警告に従わず、車両の前に立ちふさがって進行を妨害するなどの違法行為を続けたため、早朝の国道329号は一時渋滞が発生し、住民生活にも影響が出た。

 反対派はプラカードを掲げ、ゲート前歩道上での座り込み、不要な横断、車両前の立ちふさがりなどで抗議。米兵や作業員の車両のゲート侵入を妨げた。県機動隊が反対派を移動させ、車両を誘導した。
 土砂投入が始まった午前11時過ぎには翁長雄志前知事の妻樹子さん(63)が駆け付けた。沖縄平和運動センターの山城博治議長は「翁長さん聞こえますか。県民の怒りが届きますか。あなたの思いを私たちはここで必ず果たす」と反対派を鼓舞した。
 午後1時には辺野古の浜で抗議集会が開かれ、玉城デニー知事からの「国は工事を進め既成事実を積み重ね、県民をあきらめさせようと躍起だが、逆に強い反発を招き、強行すればするほど県民の怒りはますます燃え上がる」というメッセージが読み上げられた。前名護市長の稲嶺進氏、糸数慶子参院議員、伊波洋一参院議員らも参加。集会後には、海上で工事を妨害する「カヌー隊」約30艇が現場に向かった。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る