那覇空港、国内線と国際線つながる 全面運用は来年3月から

 那覇空港の旅客ターミナルビルを運営する那覇空港ビルディング(兼島規社長)は12日、国内線ターミナルと国際線ターミナルをつなぐ「際内連結ターミナル」を2019年3月18日から、その一部の2階国内線搭乗待合室などは今月18日から先行して供用開始する。
 増加する旅客の受け入れ体制を整えるのを目的に、17年1月に工事を開始し、19年2月10日に完成する。1階は到着、2階は出発、3階はチェックインと階ごとの機能が統一される。
 完成後は国際線のチェックインカウンターが、現在の20ブースから60ブースへ増設される。同じく増設される国内線のチェックインカウンターには、現在暫定貨物LCCにあるピーチ・アビエーションとバニラ・エアが移転し、シャトルバス移動が不要になる。商業店舗も拡張され、物販店舗21店、飲食店舗14店などを新設予定。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る