譜久嶺君(大浜小2年)が沖縄地方本部長賞 海上保安庁図画コンクールで

賞状を手にする譜久嶺輝星君(左)と石垣教育長=14日午前、石垣市教育委員会事務局

 大浜小学校2年の譜久嶺輝星(こうせい)君(8)がこのほど、「第19回未来に残そう青い海・海上保安庁図画コンクール」で、「公益財団法人海上保安協会沖縄地方本部長賞」(小学生低学年の部)を受賞した。譜久嶺君は14日午前、教育委員会事務局を訪れ、石垣安志教育長に報告。「(受賞して)最初は恥ずかしかったけど、後から楽しくなった。海上保安庁の船に乗って運転もできて、とても楽しかった」と受賞できた喜びを語った。
 譜久嶺君の作品は、夏休みに家族で海に遊びに行ったことを題材に、イカやカメ、たくさんの魚と一緒に自分が楽しそうに泳いでいる光景を描いたもの。「おじいちゃんが入院していたから、上手に、気持ちを込めて描いた」と作品への思いを話し、作品を見た祖父は「すごい」と喜んでくれたという。海の好きな譜久嶺君は、海上保安庁で働きたいと考えている。

 石垣教育長は「これからも海でいっぱい遊んで、きれいな海を守っていけるよう、自分の気持ちが皆に伝えられるよう、いっぱい絵を描いて」と激励し、図書券を贈呈した。
 同コンクールは海洋環境保全思想の普及、海上保安業務への理解と支援促進を図ることが目的。全国の小中学生から3万1800点の応募があり、入選作品は10月19日に発表されている。
 第11管区海上保安本部では、県内からの応募者(669点)の中から第11管区海上保安本部長賞などに全13人を選出し、2018年11月30日に同本部で表彰式を行った。譜久嶺君はその1人。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ユーグレナ ジョブ図鑑 シルバー人材センター たびらいレンタカー ecovillage 嶺井第一病院 とみやま耳鼻咽喉科 ヒデ整形クリニック アイン薬局 ひとし眼科
ページ上部へ戻る