モノレールの運行一時停止 那覇で60㌔不発弾2発処理

今回処理された不発弾2発。手前側の白い布に巻かれた部分に処置を行い、爆発しない状態にした(左)。処理開始前の現場の様子。処理現場はマンションや一軒家が建ち並ぶ住宅街。モノレール(奥)が近くを走り、2発の不発弾が見つかった(右)=16日、那覇市宇栄原

 那覇市(城間幹子市長)は16日、宇栄原1丁目のマンション建設現場で発見された不発弾の処理を行った。陸上自衛隊第101不発弾処理隊が実施し、現場に設置された処理壕内に不発弾を設置後、隊員が信管を手作業で外した。処理されたのは、旧日本軍製の60㌔爆弾2発で、住宅地にあるマンション建設現場で見つかった。

 市は城間市長を本部長に現地対策本部を赤嶺自治会館に設置。現場から半径199㍍以内の地域を避難対象区域に設定し、区域内を通る県道221号と沖縄都市モノレールを処理終了まで、通行止め及び運行停止とした。居住する約800世帯、約1千500人が避難対象となった。処理完了時刻は午前11時59分、モノレール運行再開時刻は12時10分だった。
 那覇市は午前8時に現地対策本部を設置。住民避難は午前8時半から開始された。市職員らは一軒ずつ避難対象世帯を回り、住民に避難を促した。また、広報車も周囲を巡り、処理の実施を市民に周知し、避難を呼び掛けた。住民避難場所は近隣にある小禄市営住宅などに設置された。

固定ページ:

1

2

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る