波照間―石垣デモ飛行 20年夏、定期便計画も GOLD社

石垣―波照間線路のデモ飛行が行われた=17日、石垣空港

 来春から石垣―波照間島間で小型飛行機による不定期チャーター運行を計画している㈱GOLDentertainment1895(尹泳斗総責任者)が17日、竹富町の西大舛高旬町長らを招き、石垣空港でデモ飛行を行った。同社などによると事業は具体化していないが、2020年夏には定期便として運行する計画もあるという。
 モデル飛行で使われたのは小型航空機のKODIAK(コディアック)。6~8人乗りのタイプがある。波照間空港は滑走路が800㍍だが、離発着は可能という。波照間島まで約20分のフライト。
 西大舛町長は「どうしても波照間に行きたい時でもチャーターできる。なんとか週3回の不定期でも飛んでもらいたい。空路を開港したい」と期待した。
 総責任者の尹氏は「波照間―石垣間は、何年も問題を抱えてきた。解決しようと思い、デモフライト実施となった」と経緯を説明した。
 デモ飛行は18日にも行われる。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では16日、…
  2. 尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海を警備する石垣海上保安部(増田克樹保安部長)への感謝訪問として…
  3. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では15日、…
ページ上部へ戻る