スタジアム早期整備を 県サッカー協会など要請

県サッカー協会の具志堅朗会長(右)からJ1規格サッカースタジアムの早期整備に関する要請書を受け取った富川盛武副知事=18日、県庁

 (一社)県サッカー協会(具志堅朗会長)は18日、県庁を訪れ県のJ1規格サッカースタジアム整備事業が進んでいないとして、富川盛武副知事に早期整備を要請した。具志堅会長は「J1ライセンス取得に必要なJ1規格スタジアムの整備は欠かせない。スポーツツーリズムを含むスポーツ産業イノベーションによる経済効果も期待される」と話した。

 今シーズンFC琉球が県内チーム初のJ3優勝とJ2昇格を果たした。このため県は「スポーツアイランド沖縄」の実現に向け、J1規格スタジアムの整備を重要な課題とし、昨年10月に同事業の基本計画を策定した。
 富川副知事は「FC琉球が近い将来J1に昇格することを大いに期待している。県も整備が間に合うように検討している」とした。県文化観光スポーツ部の嘉手苅孝夫部長は「試合の日以外でも人が集まれるよう周辺と一体化した整備が必要。サッカーの勢いを子どもたちにも広げ、青少年健全育成にも繋げたい」と答えた。
 要請にはFC琉球や沖縄SV、女子サッカーチームのヴィクサーレ沖縄FCナビィータ、全保連琉球デイゴスの選手や関係者らも同席。FC琉球の徳元悠平選手は「サッカー専用スタジアムができることで、サポーターと選手の距離が縮まって選手に声が伝わる」と要請した。全保連琉球デイゴスの金城奈苗選手は「小学生の時は芝のグランドの整備も進んでおらず土の中でサッカーをしていた。徐々に整備が進んでいるが、次は綺麗なJ1規格のグラウンドを整備してもらい、子どもたちの目標がもう一段上がるようになれば」と期待した。

関連記事

八重山日報公式Twitter

ページ上部へ戻る