「陛下、国民に寄り添われた」 国際通りで奉祝パレード

奉祝パレードの様子=23日夜、国際通り

 天長節(天皇陛下の御誕生日)だった23日、県民有志らによる奉祝パレードが那覇市の国際通りを練り歩いた。100人ほどの参加者は午後6時過ぎに牧志公園をスタートし、県庁に向かってパレードを行った。「天皇陛下、お誕生日おめでとうございます」「天皇陛下、万歳」「平成の御世、万歳」と叫び、手に持った日の丸の旗を高く掲げて万歳した。日没後の国際通りは多くの観光客や地元客でごった返しており、通行人らは突然現れた「日の丸行進団」に手を振り、スマートフォンで写真を撮るなどした。
 パレードは、県民有志らで構成する「天長節奉祝パレード沖縄実行委員会」が主催。参加者の翁長潤さん(52)は「県庁が近づくにつれ、平成が最後なんだという高揚感が湧いてきた」と振り返り、自然災害が多発した中、国民に寄り添われた天皇皇后両陛下を思うと「うるっと来た」と感慨深げだった。
 近隣飲食店の男性は、「皇太子さまの時代は、更に国民と近くなるだろう」と話し、次の御世に期待と希望を膨らませた。

関連記事

Yaeyama Nippo official SNS

ピックアップ記事

  1. 第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では22日、…
  2. 竹富町は22日、西表島を除く各島で、新型コロナウイルスワクチンの住民一斉接種を行うことが決まった、と…
  3.  第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島(石垣市登野城尖閣)周辺の領海外側にある接続水域では21日…
ページ上部へ戻る